【元町・花隈】 AKARI(和食)さんが新オープン

 「訪れるのがとても楽しみのお店というと?」と問われると、本当に答えるのは難しい。
いろいろ選択肢があって。
 でも、和食なら....即答、新長田の「明」さんだった。「だった」というのはお店が今年2月に閉店したから。
それから寂しい春~夏~秋を過ごしてきた。

 その明さんが、元町駅北西、花隈駐車場よりやや元町よりに「Akari」として今月中旬にオープン。同じ明ファンの友達と一緒に行ってきました。
以前よりかなりパワーアップ、新長田では仮設の店舗だったが、今回は本格的な作り、立派なワインセラー、素晴らしい厨房を備えたすてきなお店に様変わり。店主さんの想いがひしひしと伝わってくるお店となりました。
c0039413_14362142.jpg

 日本酒や焼酎類も充実していますが、私はワイン。豊富なメニューに選ぶのも迷うほど。
今回はチリの白にしました。分厚い味が気に入っています。

c0039413_14361697.jpg

 最初のお皿が出てくるまで、自家製のポテトチップが。

c0039413_14361345.jpg

 そして、生ウニのババロア。二人で分けるので、ちゃんと二つにシェアしてくれました。相変わらずこのお店ならではの暖かいもてなしの心が感じられます。

c0039413_14361136.jpg

 私のお気に入りは、鮪のお刺身。シンプルなんですけど、ここのは美味しいです。

c0039413_1436797.jpg

 この時季には欠かせない、生牡蠣のジュレ。あいかわらずポカで、2つ食べてから撮影(笑)。

c0039413_1436487.jpg

 カナッペの盛り合わせ。イチジクやフォアグラもいいけど、とりわけ焼き鯖が秀逸な味。きれいな盛りつけだったので、ベタで撮ってみました。

c0039413_14355632.jpg


 カブラのポタージュ。細やかで繊細な食感がうれしい。
c0039413_14355444.jpg


 ウニの茶碗蒸し。今回は久しぶりだったので、軽いものでたくさん食べてみたかった。
c0039413_14355178.jpg



c0039413_14354843.jpg

 牛肉の握り寿司。複雑に口の中に溶ける味わい。

c0039413_14354253.jpg

 ここで泡系が。お店の方でいろいろと考えていただいた、口直しの楽しみ。
c0039413_14353793.jpg

 チーズの味噌漬け。意外だけどワインには素晴らしい取り合わせ。
こういうものをメニューに加えられるセンスに脱帽です。

c0039413_14353351.jpg

 黒豚と野菜のせいろ蒸し。新長田時代からの定番ですが、素材がさらに美味しく磨かれたような気がします。

 それにしても素晴らしい味、そしてリーズナブルなお値段。はでやかなお店。心暖かい接客。
2階では宴会もできるようなレイアウトになっているようです。そういう使い方もできるようになったのも、また新たな展開ですね。これからが楽しみです。
自宅からは遠くなりましたが、毎週行きたい感じ。

 

Akari
078-371-7225
神戸市中央区北長狭通5-7-19
17:00~22:30
水曜休+不定休(月1回)
by ktokuri | 2010-11-28 15:14 | グルメ
<< 【王子公園】美術館の後はパブロ... 京都 ロイヤルホテルのオースト... >>