【京都 木屋町】 イルギオットーネ クチネリア
 先月、暑い夏の日の中、京都まで出かけました。少し野暮用がありまして。
熱い京都でのんびりするのには...ということで宿を予約、友人たちとゆっくりと夕食をとりました。
お店はイルギオットーネ。八坂の塔近くの本店は肩が凝るのと友人たちとワイワイと趣味の話をするのには上品すぎることもあり、軽い雰囲気のクチネリアのお店へ。

c0039413_10123985.jpg


 こういう流行のお店ですから、客層は若いカップルと女性客。お店の窓からは鴨川が見えます。
雰囲気はカジュアルさと清潔さがあって悪くはないかと。機能的にも出来てます。

c0039413_10123761.jpg



c0039413_10123554.jpg

オマールエビを浮かべたガスパチョ、そして熱々のフォアグラをのせたルパーブのタルト。
前菜は、そのあとのお皿の楽しみを湧かせるための仕掛けが必要ですが、十分その役割を果たしています。

c0039413_10123333.jpg

琵琶マスと京野菜の煮こごり

c0039413_101231100.jpg


c0039413_10122927.jpg

アサリとウニのパスタ。それと魚のパスタ

c0039413_10122537.jpg

焼き茄子と犬鳴豚の炭火焼き

c0039413_10122378.jpg


c0039413_10122138.jpg


 ドルチェとエスプレッソも流石に締まります。いい味。
これを「普通に」一緒に持っていくイタリアンのお店は二流と思いますが、さすがにここはそんなことはありません。

 料理は流石に悪くない。京都の町の資源を生かす、品良い楽しみが味わえます。
安心して友人に進められる料理。

ただ、スタッフのサポートは、今ひとつでしょうか。もう少しがんばって欲しい。
 表情がにこやかなのはいいのですが、無駄な動きが多い感じ。
レストランの段差の仕掛けが巧妙で、テーブルの様子がうかがえるのはいいのですが、上から客席を見下ろすときはこれ見よがしげにやらないように。
ワインをつぐときには、他の客とのポジションを丁寧に確認しましょう。
東京進出等、行け行けの雰囲気のお店だけに、クチネリアと名乗ってもこのお値段ならもう少しがんばって欲しい気がしました。

 しかし、これだけ便利な場所で美味しく楽しめる料理。一度は楽しんでみてはいかがでしょう。


京都市下京区木屋町通松原上ル2丁目和泉屋町160フジタ・ランブラス館1F
075-353-8866
12:00~14:00
18:00~23:00(LO)
水曜休
by ktokuri | 2010-09-20 10:34 | グルメ
<< 【新長田駅北】 方舟(炙り肉)... 【新長田駅北側】 タージマハー... >>