【奈良】 イ・ルンガ(イタリア料理)で南都の夜を酔う
 友人が長い独り暮らしから何か気分が変わったのか、結婚することになり奈良で式をあげることになりました。私もそんなわけで、奈良市内のホテルに泊まり、今回は友人と相部屋にせず、独りでツインルーム使用、ゆったりとした週末をすごさせてもらいました。

 結婚式は教会で簡易にすませ、昼食立食パーティーという簡素なものだったので、夕食は、友人の楽しくいただきました。某☆付けのガイドブックで、イタリアで星をつけたレストランのシェフをしていた堀江シェフが奈良で最近オープンした、イ・ルンガです。

 夕食前には腹ごなしということもあり、佐保路を、秋篠寺から平城京跡、法華寺あたりをブラブラ。
c0039413_124917.jpg

 ちょうどお腹が空いたころに、東大寺手前にイ・ルンガが見えてきました。
目印は氷室神社で、そのすぐ東大寺側にこの店があります。
c0039413_1255265.jpg

 お店は町家風というか、武家屋敷をうまく使っています。個室にご案内されてゆったりでした。
うるさいから隔離されたわけでもなさそうです。隣はかなり賑やかなお客さんでした。

 アンティパストは豊かな味わいのサーモンとイクラ。
c0039413_1241884.jpg


 手作りのパンも美味しい。
c0039413_1242531.jpg


  アマゴのソテー。そして有名なお皿の一つ、大和牛のもも肉の岩塩包み
c0039413_1243226.jpg

c0039413_1244180.jpg


 お手軽なお値段ではありますが、ちゃんと厚みがあって料理を支えてくれるドルチェット・ダルバ。
僅かに感じられる渋みがまたよろしいです。
c0039413_124503.jpg



 大和茄子とフレッシュトマトのスパゲッテイ。リコッタチーズがちょうど快い。
c0039413_1245851.jpg



 大和牛のケッパー煮、ピエモンテ風味。もう一つは大和豚のグリル、ハーブソース添え。
 一番手軽なコースでは、これのうち、どちらかを選択します。
 堀江シェフの本籍、ピエモンテの料理。素材を大事にするイタリア料理としては、厨房で手をかけて、そこに妙味があるような気がします。
c0039413_125950.jpg

c0039413_1251696.jpg


口直しとデザート。エスプレッソ、そして小菓子。一つ一つ手を抜かず行き届いた神経が。
c0039413_1252393.jpg
c0039413_1253330.jpg
c0039413_1253931.jpg
c0039413_1254677.jpg



 のんびり千鳥足でホテルまで歩いていきました。奈良ホテル組は手前で別れて、私たち日航ホテル組は猿沢の池の畔で、少しへたり込みました(笑)
c0039413_1255880.jpg



 奈良にイタリア料理とは、食材から言うと、なるほど...納得です。素敵なレストランテ。


リストランテ イ・ルンガ
奈良市春日野16 ふれあい回廊「夢しるべ風しるべ」内
0742-93-8300
11:30~15:00、17:30~22:00
不定休
by ktokuri | 2009-10-25 13:43 | グルメ
<< 【奈良】 今井町のランチとお茶... 鉄人28号とインド料理の混在 >>