毎年この日は...
 毎年、この日は特別です。このブログでも震災当日の写真を毎年掲載しています。
今年はそれをやめて今日の写真を載せておきます。
c0039413_20224326.jpg

 
 このカードは神戸観光1Dayチケット。このところ1月17日にはこのチケットを買います。もちろん観光に使うのではありません。神戸市内のほとんどのエリア~芦屋~明石まで行けるチケット。毎年私は仕事はできるだけ午後から休んで、市内の色々なところに行きます。震災のときに出会った人達を訪ね、その時亡くなった人達を偲ぶ場所へと出かけます。
 場所は特別養護老人ホームだったり、災害復興住宅だったり、墓地だったり。 この日だけは引きずって行くのでしょう。
 今日は、どうしても抜けることが出来ない仕事が昼にあって、いつもの3分の1しか訪ねることが出来ませんでした。ちょっと残念です。
 毎年言ってますけど、この日のことを「忘れたい」「思い出したくない」という人もいますが、私は絶対に忘れることはありません。誰かが想っていれば、命を落とした人たちも、その想いの中にいるのだと、思わずにはいられないのです。
 
by ktokuri | 2009-01-17 20:25 | 想い | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://ktokuri.exblog.jp/tb/10638586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by monopod at 2009-01-18 01:32
私も思い出したくない一人ですが、忘れられるような経験ではありませんね。
家内とも滅多に地震の話はしません、戦地帰りの人が経験談を話さないのと似たようなものかもしれません。
それでも命を落とした人たちのことを想うと切ないですね、合掌。
Commented by ktokuri at 2009-01-18 08:54 x
monopodさん、そうですね、私もたまに家屋解体現場などを通ると、あのときのことが思い出されて、ちょっとストレスになります。もちろん地震はちょっと揺れるだけで、タイムスリップが。
 ただどうせ忘れられないなら、ちょっと前向きに行きたいという感じでしょうか。
Commented by senshikibow at 2009-01-18 19:36
こういう過ごし方もあるのですね。
一度、朝の東公園に行こうと思っているのですが、なかなか行けません。
震災を経験した一人として、年に一日ゆっくり震災のことを思い出す日をつくる事は大切だと思います。
Commented by settuya at 2009-01-19 15:27
また今年も.................
合掌。
Commented by しんちゃん at 2009-01-20 14:47 x
ktokuriさんの写真を毎年見せていただきながら震災後の自分の歩みや被災した方々との関わりを思い起こしていました。
自分が小学生のころ先生や身近な人が自分たちの住む町であった戦争の経験を伝えてくれたことがその後の自分自身に大きな影響を与えてくれた気がしています。
自分の方法で自らの表現で震災を伝えていくことが大切だと思っています。
Commented by ktokuri at 2009-01-22 12:20
senshikibowさん、朝の東遊園地は私もなかなか行けません。
仕事がなければ一度ゆっくり行ってみたいものです。
神戸や阪神間にいるものとしては、この日は非常に大事な1日ですね。
Commented by ktokuri at 2009-01-22 12:22
摂津屋さん、毎年この日が来ますね。
「しみじみ」「拒否」「アクティブ」―― 出てくる形は違っても、想いは皆さん同じではないでしょうか。
Commented by ktokuri at 2009-01-22 12:25
しんちゃんさん、あの震災以来、多くの人が、儲けること、立身出世すること―― よりも、社会に役に立ちたい、人に喜ばれたいというように人生設計が変わったと思います。
あの日を生き延びた神戸の人は、おっしゃるように自分の方法で、自分の人生を有意義にする転機に、あの日を位置づけたいものだと思います。
<< 【新開地】 八栄亭上店(焼き鳥... 【京都 烏丸】 ディボ・ディバ... >>