【京都 烏丸】 ディボ・ディバ(イタリア料理)で初心を想い返す
 ディボ・ディバは私にとって、グルメ趣味の原点となるお店です。昔のお店が高倉錦にできて少しして訪れました。当時はリストランテというよりハイレベルのトラットリアのイメージでしたが、とても気に入って、何かお祝い事があるたびに足を運びました。色々な料理、そしてパンやエスプレッソの味もここのものが標準にあります。
 毎年年末あたりに出かけて、その健在ぶりに安心するのが習慣でしょうか。
c0039413_2135058.jpg
c0039413_21351293.jpg

 この蛸薬師に店が移ってから、少しだけですが敷居が高くなった気がします。もちろん悪くはないのですが、がやがやしていた古いお店の音がイタリアのお店を思い出して好きでした。
c0039413_2135211.jpg

 ときどきしか来ないとやはりアンティパストミストになってしまいます。選ばれた食材、細やかな味のコーディネート。
c0039413_21353333.jpg

 イタリア料理にいかにパンが大事かというのもこのお店で初めて感じました。
c0039413_21353993.jpg

 料理を味わうとき、ワインはお手軽なものが好きです。できるだけ安くて料理の邪魔をしない飲みやすいものを常に探します。本日はキャンティにお安いものが。
c0039413_21354977.jpg

 アサリとウニのパスタ。オイル系のソースでちょいと予想と違いましたが、これもいい感じです。
c0039413_21355738.jpg

 イカスミのリゾット。これもこのお店の味が気に入ってます。北野坂のシェナのものも好きでしたが。
c0039413_2136558.jpg

 キヤンティでは少し荷が重いのですが、羊のロースト。赤ワインには私はこれが一番。
c0039413_21361351.jpg

 ちょっと慰めに一口のドルチェ。悪くないですね。
c0039413_21362469.jpg

 それはこのエスプレッソを飲むためです。エスプレッソはこのレストランのものが一番好きです。フィナーレにふさわしい鮮やかな味。

ディボ・ディバ
京都市中京区蛸薬師通高倉東入雁金町361 
11:30~15:00(L.O.14:00)
18:00~22:00(L.O.21:30)
水曜休
by ktokuri | 2009-01-12 21:47 | グルメ
<< 毎年この日は... 【三宮】 新年の最初の宴は軽く... >>