【三宮】 一夜一夜 美味しい銀シャリを目指して
 先日、中国から戻ってきた昔の飲み友達を迎えて二人で飲み会をしました。
彼女は大連に長くいたので、中華と焼肉(韓国料理)以外なら何でも...ということで、お店探し。
 私が昔ドイツから帰ってきて、最初に食べたかったのは寿司や鰻の蒲焼きでしたが、それは学生時代のこと、勤め人の方には何がよいのでしょうか.....
 ということで、やはり銀シャリ―― だよねとなって、このお店、一夜一夜に。
c0039413_8283073.jpg

 ここでは、魚の一夜干しや薫製を炭火であぶって食べるのが定番です。
火であぶるのは家庭でも出来ますが、この一夜干しの作りがなかなか自家製ではうまくいきません。いつもは鮭のハラスが印象的ですが、今回は、ブリが出色でした。
c0039413_8303161.jpg
 
 そして、食べてみると、油が多い魚、淡泊な魚とそれぞれ個性的で、食べた感触に併せて、追加に色々とオーダーします。
c0039413_8313897.jpg

 そして、最後は...というかこれが本来の狙いなのですが、銀シャリ、お漬け物、お味噌汁(赤だし)をいただきます。
 これがたまりません。それまでの食事はやはり前座というべきなのでしょうか。


 ※この一年、ここのブログではグルメ専門に記事を載せてきました。
  それはそれでテーマがはっきりしてよかったのでしょうが、友人の何人かからは、本人が見えてこないので個人の目の面白さより、情報の便利さが勝っている印象を受けるとのご意見をいただきました。

  一年半ほど前、ブログのデータとして載せてきたつもりの写真に、出来不出来、芸術性?をとやかく言われて嫌気がさして、情報提供のみに割り切っておりましたが、ブログとしてはサッパリしすぎて中味が美味しくなかったことは確かでしょうね。
  もう少し、タイトルの「ライフ」―― という言葉にもつながる記事を追加しようかと思っています。そのほうが書いている私のプライベートな視点が感じられて、トータルで面白いのかもしれませんね。考えたいと思います。
  

一夜一夜
神戸市中央区中山手通1-9-12 M'sビル1F
078-325-1818
17:00~24:00(L.O.23:00) 
  金・土・祝前 17:00~02:30(L.O.01:25) 
日・祝休 
by ktokuri | 2008-12-14 08:42 | グルメ
<< 【JR神戸駅】 才谷(もつ鍋)... 【東京 赤坂】 グラニータで懐... >>